HOME   »  2011年06月
Archive | 2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[連載第4弾]諸行無常

あなたのクリックが現住所(松山なう)のeikiのモチベーション
人気ブログランキングへ
(そんなチェリーボーイにもう一票)
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ





現実世界に落としこむまで




諸行無常

仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。この場合、諸行とは一切のつくられたもの、有為法をいう。三法印、四法印のひとつ。

by ウィキ




安定を求める心こそ不安定である



「安定を求めるのはイケないことなの(・∀・)?」






この世の中の流れで、

例えば、仮にある瞬間にAさんがカレー食ってるとします

同時にBさんがトイレでう○こしてるとします・・・


ここまではまた起きる可能性はあります

ヘタしたら年に数回あるかもしれません






でもじゃあ、Aさんの食ってるカレーがククレカレーで、福神漬けが若干のってて

Bさんはその日3回目のう○こだったとします



そしたら?



また同じことが起きる可能性ってかなり少なくなると思います




実際おおまかに見ると、Aさんはカレー食っててBさんは便座に座ってるだけなんですが

そこには様々な事象が絡み合ってるわけです


福神漬けとか、3回目とかがそういうのです




で、結果としてAさんの一言が「うまかった!」、Bさんの一言が「うーすっきり!」だったとします



そのとき、福神漬けがのってても、3回目のう○こだったとしても

Aさんがカレー食ってる時点でその一言が予想できるのか、

Bさんが便座に座った時点でその一言が予想できるのか





わかんないですよね

だって唯一の瞬間だから、ある程度しか予測できません




要するに、同じことが起こってるように見えても実は様々な事象が絡み合っているため

結果は常に同じとは限らないんすね\(^o^)/







これは相場の世界でも言えることで、

その瞬間自体は唯一無二のものであり、二度と同じ瞬間てのは待てど暮らせどやってこない・・・



すなわち、同じような、以前見た事あるような相場展開であれ

必ず同じ展開になる保証なんてどこにもないんです





前回で説明してみた、テクニカルについてもあくまで、あることがもう片方より起きる可能性が
比較的高いこと
ぐらいしかわらないのです


その優位性にのっかって期待値を積み上げる作業、それがトレードです





話を戻します・・・

簡単に大胆にいうと、


世の中は何も繰り返されていない



っちゅーことです

あ、相場もそうです



ただ、似たようなことが起こってるだけです



安定を求めるなってのは、要は

繰り返されることに安心するな


ってことだと思います




でも人は安定を求めます


なんでかな・・・

って考えてみると、考えなくていいからだと思います



同じ事象が繰り返されるのであれば、同じ対応をしていけばいいだけ


夏になれば脱いで、冬になれば着こむ




これが当たり前になってるから、ちょっと度が過ぎただけで

「異常気象や!ヤベー!マジ地球オワコン!」

って騒ぐんです



観測史上最大とか最近よく聞くようになったけど、

地球の歴史から観測史って何%だよw






だから、人間は基本的にめんどくさがりなんでしょう

まぁ僕も含めてですが・・・



安定を求めるってのは考えることを放棄したってのと変わらないような気がします


ホリエモンの著書の言葉を借りると「思考停止状態」=ほんとうの意味のオヤジ状態です





現実の世界でそうなんです、相場の世界ではもっとシビアだと思います





ただ誤解してほしくないのは、安定を求めるなってのは手法をころころ変えた方がいいとか、
トレードスタイルが不安定なほうがいいってことじゃありませんw



考え方とか、トレードコンセプトとかってのは曲げるべきではないですし

参照する指標もころころ変えるべきではないと思います




安定を求めないってのは、唯一無二性ってのを完全に認めるってことです


同じようなサイクルで同じようなパターンがやってきて同じようなタイミングで同じように

エントリーして同じように決済するけど、結果は優位性に基づいてランダムに分布する



同じようなことに同じように対応するが結果も同じとは限らないと・・・



自分でも、トレードしてて

「え?なんでこういうパターンなのにこういう動きするの?こないだはこうだったじゃん?」


って思うことも多々ありますw


それはまだ唯一無二性を完全に理解できてないんですね!







「生活に落としこむとは(^^)?」



では今度は、話を私生活で考えてみますと


例えばサラリーマン

普通よくあるのは平日朝~夕方まで出社して7時とか8時とかに帰宅

土日休みみたいな



こういう方々はトレードスタイルとしてデイトレするなら夜(NYタイム)

あとはスイング気味に朝、昼、夜チェックしながらのトレードになると思います


もちろん各市場によってクセなんかもあったりしますが、

基本的に毎日同じ時間帯にトレードしたところで同じような動きになるわけではありません





で、ここでNYタイムをメインにデイトレをしていくとします

そうすると単純に考えて、1日24時間あるうちのトレードできる時間

およそがんばって21時~3時ぐらいだとします


そうすると、24時間中の6時間=1/4日になります




普通に考えてみるとその限られた6時間でトレードする場合、じっくりチャート観察していても

5M足レベルでチャンスが一回も来ない日もあり得ることがわかります




本来、長期スイングよりはデイトレのほうが資金効率がいいと言われますが

はたしてそれは、その人の生活スタイルとトレードスタイルがマッチしていないと

必ずしもそうとは限らないんじゃないかなって思います





それなら思い切ってスイングのほうがよくね?みたいな。





生活スタイルなんてずっと同じように続くかわかんないですよね?

極端な話、会社クビになって職が変わって、生活サイクルも一変するかもしれませんし、

残業が増えたとか、シフトが変わったとか、


習い事が周3回入るようになったとか、親兄弟が入院して毎日見舞いに行くようになったとか


急なヤボ用とか、人付き合いとか、その他もろもろ・・・

兼業トレーダーのデイトレタイムを邪魔する様々な事象ってあると思うんです




そういった様々な理由で例えば月の利益率が上がらないとなると、

それはトレーダーと呼べるのか?というとこです・・・





これはまあ独自の思想なんで思いっきり書きますが


つまり、この世の中は諸行無常で常に様々な事象や存在ってのは流動性を保っている

だから、実際にその事実からすると生活スタイルなんかも毎日微妙な変化もあってあたりまえだし

相場も日々みたことないような動きをして当たり前である



でもそんな相場でやっと見つけた優位性に思い切って乗っかる機会ってのを、生活の流動性によって

失うのであれば、それは期待値を積み上げていく上では時間的ロスになる=時間的観点から見ると

資金効率は悪化するんじゃないのだろうか






ちょっと難しくなってきましたがw

簡単にいえば、限られた時間でデイトレばっかするとりも、スイングも合わせてもっと優位性に触れる

機会を増やしたほうが金殖えるの早くね?
ってことです





パチスロで例えると、大当り確率が1/350の台があるとします


この台を最初から回していくとして、1台はA君が全部1回1回回していきます

もう1台は、B君が2回回してC君が3回回してと、そうやって交互に回していくとします




こんなとき、A君とB君はどっちのほうが早く大当たりを引き当てることができるのか?ということです



台のスペックとしては同じなので期待値の積み上がり方はいっしょですが、

打ち手としては確率的にA君、C君、B君の順で悪くなると思います






機会損失って、恐れるなっていいますけど、要は機会損失って極限まで減らす努力は必要なんちゃうかな

って思います




まあこれは個々の目標値によって様々ですが、お金が早く欲しいかどうかっていえば誰もが早く欲しい

と思いますしねw







そういった点で、今僕も試験的にですがスイングやってます

様々な方法を調べて効率のいい方法を考えまくってます



まあデイトレ毎日出来るに越したことはないんですけどw


また今後詳しくアップしていきたいと思います







まとめると、

生活スタイルにあったトレードスタイルが重要であるということ


それが合ってないと、いくらしっかりとした考え方のもと

確固たる独自ルールを守りぬき、鬼のような損切りを繰り返し、

理想のトレードを実践していたとしても、機会損失を生み出し

結局は思い通りの結果が得られなくなるのではないか?


その為に、独自の生活スタイルにあったトレードスタイルの構築ってのはやっぱり

大事になってくるんじゃないかな
ということです





確かに、トレードをする上で「待つ」ことは非常に大事だと思います

けど、「待つ」のと「見てない」のでは、結果はノートレードで同じでも

意味が違ってきます
からね

そこを履き違えなければ、第3弾で書いた独自のトレードってのが最大限活かせるんじゃないでしょうか














かなーり時間はかかりましたが、連載全4弾これで全て終わることになりました!

最後まで読んで頂いたかた、どうもありがとうございました!!



文章力もなく、わかりづらい解説でもうしわけありませんでしたw

しかし、自分の今の考え方とか、トレードに対する姿勢とか

結構本気で書いたつもりです



まだまだ書ききれない部分なんかもありますが、それらはこれから徐々に記事にしていきたいと思います



最近ホンマ更新もまばらで、なかなかブログ書く時間が取れてなかったんですが

これからはtwitterも合わせてもっともっとアウトプットに力を注いでいきたいと思います

それが1番自分の成長につながると思ってますので!







最後になりましたが、自分としては年収5000万という目標を立てています

その為には、税金を考えるとおよそ7000万の利益が必要で、

月で換算するとおよそ600万弱の利益が必要になります



目指すは月収600万なわけです

これを稼働日数20日で割ると、約日藤30万になります




1日約20pipsはかわりませんので、クロス円では150万通貨でのトレードが必要です


資金10万円に対して1万通貨でやってますので
150万通貨トレードは1500万到達で可能なわけです



まずはそこを目指してます




似たような同士のかたいれば、互いに刺激しあえたらと思います

twitterで絡んでくださいw







[連載 予告]定義
[連載第1弾]取引概念
[連載第2弾]崇拝理論
[連載第3弾]指標主義
■[連載第4弾]諸行無常


twitter参加中なう
eiking_fx5000をフォローしましょう←気軽にフォローおk(・ω・)ノ




~編集後記~



いやー終わりましたね\(^o^)/

結構こういう連載とかって体力使うんだなーって改めて感じました

ライターとかすげえなって思います

僕は勝手な自己ブログなんでいいんですが、これで

締切りとかあったら発狂してしまいそうです







やっぱそういった面で、自分のペースで書けるからブログっていいのかもしれませんね♪

まあけどこれからはもっと頻度を上げていこうと思います


忙しいのはかわりないんですが、もっと大事なものを今回の連載で見つけられたような気がします




ほな、これからもがんばりますー!!




ランキングにクリックしていただけると更新の励みになります
楽しんで頂けましたら、応援クリックヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…
人気ブログランキングへ
あ、こっちもな┌|∵|┘
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ


eikiは必ず、目標である年収5000万を達成します!必ず!


私が、試行錯誤して年収5000万を達成するこの過程が
皆さんの役に立てれば幸いです。



スポンサーサイト

小休止・・・

おっさー!2連休だーい\(^o^)/



あなたのクリックが現住所(松山なう)のeikiのモチベーション
人気ブログランキングへ
(そんなチェリーボーイにもう一票)
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ






今週も鳥取行ってきましたw


しんどくせーw



とはいいましても、

明日から2連休ですので思いっきり引きこもりたいと思います



読みたい本も溜まってますし、ごゆるりとやります



とうとう買っちゃいましたよ




意外と高えwww




まぁそれなりの内容ということで期待してみます

てかこの手のカバーが固いやつ嫌いなんやけどな・・・











これも、またそろそろ読み返さなアカンな・・・

もっと信念に摺り込まな





てかコレも表紙固いねんな・・・





てかだいたいパンローリングは固いか・・・







オッケーほな筋トレして目のトレーニングして読もう





ほんまに目良くなるんかな・・・




twitter参加中なう
eiking_fx5000をフォローしましょう←気軽にフォローおk(・ω・)ノ







ランキングにクリックしていただけると更新の励みになります
楽しんで頂けましたら、応援クリックヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…
人気ブログランキングへ
あ、こっちもな┌|∵|┘
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ


eikiは必ず、目標である年収5000万を達成します!必ず!


私が、試行錯誤して年収5000万を達成するこの過程が
皆さんの役に立てれば幸いです。



[連載第3弾]指標主義

あなたのクリックが現住所(松山なう)のeikiのモチベーション
人気ブログランキングへ
(そんなチェリーボーイにもう一票)
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ






考え方からくるトレードスタイル







指標主義

ここでは、「指標」とは経済指標のことではなくテクニカル指標を指す

ファンダメンタル主義か、テクニカル主義か


そんな論争は大昔に終焉している

どちらにしても得られる優位性というのは、

もう片方よりも可能性が比較的高いに過ぎないだけである













「テクニカルって?・・・・テクニシャン(・∀・)?」





前回で、僕が崇拝する2大理論について述べてきた


そういった姿勢の中で、じゃあどうやってトレードしたらいいのか

つまり、どういう基準でエントリーし決済するという一連の動作を産み出すのか




答えは・・・



クリックして、またクリックするだけである





いや、マジそんだけなんです

って分かると思いますが、どんなけ勝ってる人も、死ぬほど負けてる人も

エントリーし、決済する為にクリックして、またクリックしてるだけなんです







簡単ですね\(^o^)/



何が言いたいかというと、要はハード面でいうと誰でもできるんですよ

難しいのはソフト面ってことですね!




麻雀でいうと、ツモって手牌を切ることは誰にでもできるけど。

相手の捨牌からみて、どのあたりが危険牌か、そして自分があがるためには

どの牌を切って、手牌をどう組み立てていくのかが難しいってことです






ですんで、今回のお題でもある考え方からくるトレードスタイルってのも

「いかに相手にロンされずに自分があがりやすくするか」について書こうと思います






確率論的にあくまで勝ちやすくるする為のものです


相場の世界に絶対はありませぬので・・・w













「テクニカル指標っていっぱいあるけど、何がええん(・∀・)?」





テクニカル指標ってのは世界にめちゃくちゃあります


全部なんか説明してたら何歳になってるかわかりませんし、

てか全部なんか知らないんで自分が使ってるのだけ説明しますw




[MovingAverage]

移動平均線です

自分が使ってるのは、SMA=単純移動平均とWMA=加重移動平均です

以下、説明ではMAないしSMA、WMAと呼びます




[ボリンジャーバンド]

言わずと知れた、ジョンボリンジャーの開発したテクニカルです

ケッコー逆張りに使う人もいるみたいですね

以下、BBと呼びます


さらにバンドウォークをバンドW、ミドルバンドをミドル、エクスパンションをエクパン

呼んだりしますw




[ストキャスティクス]

オシレータ系のひとつです

相場の買われすぎ、売られすぎを表すとよく言われます

数値が0~100しかないので振り子=オシレータといいます

以下、ストと略します



[MACD]

これも代表的なテクニカルのひとつです

一般的には2つの異なる数値のEMAの差を表しますが、僕はWMAで表示します

トレンド系とオシレータ系のちょうど中間的な役割を果たします

最高です






基本的に使っているのはこの4つになります

これら、全てに与えられた役割があるんで、これらを駆使してトレンドをつかみ

エントリー~決済のタイミングをとっていきます





WS000009.jpg


全部表示させるとこんな感じになります


まぁこれはかなり多重で表示させてますので、始めて見るとごちゃごちゃ見えるかもしれません



もちろんごちゃごちゃになっても、それなりにメリットがあるから多重表示させてますw





多重の数値設定なんですが、基本的にひとつの時間軸内で

短期5・標準20・中期75(5*15)・長期300(20*15)の4つで構成しています



基本この設定なんですが、時間軸同士の連携がややこしくなるので

多少アレンジを加えてます


でも、フラクタルな視点から見ると、全チャート同設定でOKです






まずは1つの時間軸だけで見てみます

1つの時間軸でエントリーから決済のルールを定義できたら利を伸ばすのも、

損切りをするのも簡単です





WS000010.jpg


短期のMAはウザイので表示してませんw

赤丸したとこが理想のエントリーポイントになります



要するに、前述したテクニカル4種が全てGO!!サインを出している状況です



まず、MA

実線のMAがWMAで、点線がSMAです

とりあえずSMA(点線)は今んとこ無視してください


全てのWMAより上にプライスが存在しています。


これは、短期間平均からみても、長期間平均からみても今現在の値は高い位置に来ているということです

さらにMAが上に傾いているということは、平均値自体も上がってきているということです


これがまず必須条件になります


理想はPO(パーフェクトオーダー)ですが、最低でもこれが条件になります




次に、BB

2つのBBを多重に表示していますが、これは標準設定20と、もう一つ上の時間軸のBBを表示しています


とりあえずここでは、赤いBBは無視してください

緑の標準設定のBBは、エクパンは弱いもののバンドWを開始しています



これはBBの特性で、終値が±2σ内に収まる確率は95.5%とかって言われてますが

だいたいトレンドを築くとき±2σに沿うように上昇(下降)を続けるという特性もあります


バンドWしているということは、もちろんミドルよりプライスは上です




そして、ストキャス

全期間で方向が一致しました

ストキャスってのは簡単にいうと今現在の値が、

ある一定期間の中の最安値と最高値の間のどのあたりに位置しているか

を割合で示します


すなわち全一致ってのは短期間からみても、長期間からみても今現在の値は、

割合的にも高くなってきているということになります





最後に、MACD

MACDは長期は表示してません

CTだと重くなるからですw(PCがボロい?)

ここでも、短期から中期が一致しました


しかし、一番重要なのは標準期間のMACDが0ラインより上にあることです


MACDの設定方法は短期の場合(5.20)のWMA、標準の場合(20.75)、中期の場合(75.300)

とすることが多いです

ですので、標準が0ライン上ということは、すなわち標準WMAと中期WMAはPO状態ということですね




ここで理解していないといけないのが、

MAが上昇しているということは、MACDも上昇しているとは限らないということです


トレンド中は基本的にMAより先にMACDのほうが先に疲れます

つまりMA上昇中でもMACDは先に下降を始めるんです


ということは逆の場合も同じで、0ライン下で上昇しているときは、まだMAは下降中・・・

なんてことも在りえるということです




素材は一緒でも、MAとMACDは似て非なるものなのです

両者はしっかり比較しなければいけません

ですので、単純にMACD=トレンドの勢いと考えてます








と、簡単に説明するとこんな感じです

けど、これはあくまで理想のカタチであり、ここまでキレイに一致する状況ってのは

あまりありません・・orz



これを基準に後ほど応用させていきます




続いて決済です




先程の図で解説します

WS000010-2.jpg





基本的に決済は、標準レベルを引き下ろす恐れのある短期を目安に考えます


意味わかりませんねw





例えば、この例だと、標準設定のストが上に張り付いた状態で、短期レベルで高値の切り下げ

発生してます




これは、標準設定のストを引き下ろす可能性が十分にあります

ちょうどMACDも勢いを欠いてきています






基本的に、このように標準設定のストやMACDが反転始めたら決済です

相場状況によって例外もありますが、この考えが基準です



ですが、それだとやっぱり決済遅れることもしばしば・・・


そこで短期を目安に考えるんです



短期レベルでの、こういったダウの崩れや、

ダイバージェンスなどである程度標準設定の動きが想定できます



ストキャスなんかだと、計算式がわかってるとなんとなく

次の短期ダイバーで標準も反転しそうだなーってのも分かる時もありますw


まあ相場次第ですけど・・・




こういった使い方をするため数値設定にもこだわってます


だいたい4倍4倍みたいな感じです

だから15Mと1Hと4Hってのは比較しやすくて助かってます



この割合がちがうと、また感覚も変わってくるんで

ちょうど5と20ってのはいい感じかなーと思ってます(ここ自己満)





エントリーから決済の流れはそんな感じです

ただこれはほんの基本的なとこで、これだけでトレードするのは難しいです




例えばこれが15分足だけしか存在しない世界であればこれだけでいいんかもしれませんが

現実的じゃないですよねー・・・


こっからいろんな時間軸レベルからのバイアスを考えたトレードになっていきます









「フラクタルな視線ってこと?それはこないだ聞いたなう(・∀・)?」






そう、前回の「崇拝理論」でも述べましたけどつまり1つの時間軸だけではトレードは難しいということです。


これは根本的なとこいうと、相場自体を動かしてるのって投資家なわけで

そんな投資家が世界中にいるわけで、個々のタイミングで個々のスパンでトレードを行ってます



そりゃー5分足メインでデイトレするドイツ人もいれば、

4H足でスイング気味にトレードする韓国人もいるわけです




で、まず把握すべきが今現在の段階で

「どの時間軸レベルが値動きを引っ張っているのか」

ということです




これは多少トレードしたことある人ならわかると思いますが、

例えば毎回5分足でエントリーのタイミングをはかってトレードしていると、

どうしても、どうあがいても5分足ではエントリーしにくいようなポイントがでてきます


しかし、そこでエントリーしないともうポイントは出てこないという・・・


これは実は主軸が違うんですね





値動きを動かしている投資家の割合が多いのが、もっと大きいスパンでの取引である


という可能性が出てきます





だから、そういう場合どうしてもエントリーしたとしても損切りラインが15分足レベルになっちゃったりします


今までのトレードと比較すると明らかに損切りラインが遠くなっちゃいます


となると、どういう現象が起こるか?



リスクリワード比が悪くなります



正確には、トレード自体を15分足レベルまでに格上げすればリスクリワードは見込めるんですが、

そうする場合、資金量を変えないといけません





これは以前述べた、上位足と下位足は持ちつ持たれつの関係ってとこにつながります

トレンドには僕的には2種類あって、上位足の流れに導かれてスタートするトレンドと、

下位足からの強い値動きからスタートして、上位足の大きな流れにつながるトレンド

があると思います





中でも一番の理想は大きな流れに導かれて下位足レベルの強い値動きでスタートするトレンドです

要は長期と短期の両視点で、転換点が重なったときです

特にこういうときは比較的認識しやすいため、投資家も参加しやすく一番伸びやすいです






反対に、上位足の流れに導かれてというか、上位足で見たらエントリーポイントだけど下位足だ
けで見たら急な暴落暴騰だったみたいなのもあります


僕の場合、これは見送ります


というか、見送らざるを得ないことが多いですw



例えば、1Hレベルの押し目待ちで1Hストの反転気配をうかがっていたとします

とすると、1Hのダウを構築する15Mダイバーや底値切り上げに焦点がいきます


しかし実際は15MのBB平行移動中のミドル下から一気に+2σを破って暴騰

15Mスト反転時には値ははるか上へ・・・


ソレにつられて遅れて1Hストも反転押し目形成

といった感じの場合




コレは下位足から流れを作ったというよりは、上位足の流れが強いように感じます

そういう場合のエントリーはデイトレレベルでの通貨量でやるとリスクとリワードが合わなくなりますのでエントリーできないということです








「意味わかんねくなってきた、とりあえずまとめてくれ\(^o^)/」




ここまでで、ざっとエントリーから決済、上位足との兼ね合いについて書きました


なぐり書きの寄せ集めみたいな文章になってしまいましたが、とにかく根拠あるルールづくり

一番大事だということです




もう少し詳しくエントリーの判断基準からみていきますが、

前述したテクニカル指標、MA、BB、ストキャス、MACD


これらを使って、まずは上位足からみていきます

なぜなら

上位足でも伸びにくいポイントでは下位足も伸びにくい=利益望めない

からです



まずは上位足の流れと同時に、伸びる余地というか

今現在、上位足的に伸びるカタチなのか

をみていきます



MA群の位置関係とPO状態

プライスがMAより下にあるのか上にあるのか
そしてそのMAは上に傾いているのか下に傾いているのか、はたまた平行なのか

MAの短期~長期のPO状態はどうなっているのか

BBのカタチ

±2σバンドは広がっているのか
ミドルはどっち向いてるか
バンドW、エクパンしていないか

ストキャスで天底を認識

ダイバーは起きていないか
ダウは成立しているか

MACDの0ライン

0ラインより上に位置するのか下に位置するのか



さらにこれらをリンクさせ、MAとストキャスとMACDの同設定同士の方向性の一致

から存在範囲を仮定します



どうやって仮定するか・・・


簡単にいうと、ダウを築く方向へ同設定のMA、ストキャス、MACDの方向が一致する場合、

プライスはMAを割れない


ということです





もちろんこれは、MAが単純か指数か加重かによって、ストキャスの%Dによって、

MACDのLongMA側によって多少違いは出てきます





しかし、この仮定である程度相場の流れを感じ易くなります









r3-1.jpg


これは標準(青)中期(ピンク)に流されるところです

一度、標準期間で上げるようにも見えるんですが、MACDも0ライン下ということもあり、

0ラインを割ってきた中期に流されて下落となりました









r3-2.jpg


これも同じです

中期(ピンク)のストが反転上昇し、標準(青)のトレンドに入るかというところですが

結局中期のMACDに逆らえず下へ流されてしまいます





r3-3.jpg


これは長期(緑)中期(ピンク)に挟まれて迷っている状況です

しかもここではMACDを見てみるとおもしろいことに

長期は0ライン上で下降、中期は0ライン下で上昇ということ


まさに、スパンの違う戻りと押し目が重なったところです





このような感じで上位足を観察していくと、下位足であとはどういう動きがあれば

伸びそうだなってのがわかってきますよね



そこを、またテクニカルを使ってタイミングをとっていきます







次にその下位足でのタイミングの取り方としてですが、


主に、
ストキャスの反転(短期or標準)

MACDの0ラインより上でのGクロス(短期or標準)

MACDの0ライン越え

BBのエクパン

などです





そうやってエントリーしたら次は、2つのどちらかにいきつきます


1.決済サインが出る

  短期レベルでの、標準設定のストキャスを脅かすダイバー
  短期レベルでの、ダウ崩れ
  標準MACD、ストキャスの反転

  重要ポイント到達

    逆向き上位足BB±2σ到達
    存在範囲支持MA到達     ・・・など


2.上位足トレードに昇格

  前述した「エントリーのタイミング」が1つ上の上位足で成立
  (もちろん相場背景は前回の更にひとつ上の上位足までみる)





1.の場合は即決済、2.の場合は今度は決済サインもひとつ昇格なためのんびりします

けど、重要ポイントに到達すると、急反発の恐れもあるので注意します






こんだけです

まぁ細かいとこ言っていったらきりがないんでハショリますが・・・

かなり自分でもシンプルにしたつもりです



前はもっと複雑ないろんなルールつくってやってましたが、

こんがらがって訳ワカメになるんで、最小限にギリギリまで削りました



もう無理ぽですw




なんでもシンプルイズベスト!っていいますもんね



そんな中、最近は特にダウにもかなり気を使ってます

ダウも上位足から常に気にしていると結構把握しやすくなります



押し目とか戻りってのが、ダウ基準でも重ねてみるとよくわかります




標準期間と短期で比べるとよくわかりますね



標準と短期でダウが一致したらトレンド

そっから短期が否定したら押し目(戻り)orトレンド転換




まぁこれが決済んときは結局ストキャスの短期と標準の関係と結びつくんですね







とまぁこんな感じです

分かりづらかったと思いますw



てか全部説明しようと思ったけど、マジきりがないことに途中で気づきましたw



まぁ結局はトレードなんて自分が信念貫ける方法じゃないと勝ち続けることは不可能やと思いますんで

これでいいかなと思います




技術的にはそんなむずかしい感じのトレードではないと思います



十分自分の考え方に基づいた根拠あるトレードだと思ってますw

あとは現実的にこれで利益をあげていくわけですが・・・




やはり僕も専業トレーダーというものではないので、時間は限られています

昼間は仕事行かないといけないし、普段のライフスタイルもあります






じゃあさ、

考え方は板についた、それに基づいたトレードスタイルも確立した

でも朝から晩まで仕事でトレードする時間ない!



とかサブすぎますw







今度はそういった、現実的な兼業トレーダーの実情も踏まえて・・・





第4弾「諸行無常」にて!
















[連載 予告]定義
[連載第1弾]取引概念
[連載第2弾]崇拝理論
■[連載第3弾]指標主義
[連載第4弾]諸行無常


twitter参加中なう
eiking_fx5000をフォローしましょう←気軽にフォローおk(・ω・)ノ




~編集後記~

だいぶ更新に時間がかかってます(;´∀`)


でも手は抜きたくないしなー

まぁ若干今回は説明するとこ多すぎて妥協してもーたけど・・・



今後もっとトレード結果といっしょに詳しくやってきったほうがわかりやすいと思うしね




それでは最終章・・・


堀江氏のよく使われる言葉を使わせてもらいました



「諸行無常」





coming soon!!!!!!!!!!!!tabun!!







ランキングにクリックしていただけると更新の励みになります
楽しんで頂けましたら、応援クリックヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…
人気ブログランキングへ
あ、こっちもな┌|∵|┘
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ


eikiは必ず、目標である年収5000万を達成します!必ず!


私が、試行錯誤して年収5000万を達成するこの過程が
皆さんの役に立てれば幸いです。

次世代オススメFX業者
■スマホ対応オススメ業者■
クリック証券(FXネオ)

i-phone、android対応
主要通貨スプ
原則固定
USD/JPY 0.3pips
EUR/USD 0.6pips
EUR/JPY 0.7pips
GBP/JPY 1.2pips

android用ツールFXroidは現状最強。MACDとストキャス同時表示可。多重表示まではできないけどその時その時の各時間軸の流れは十分把握できる。まぁエントリーするのはやっぱPCじゃないと怖いけど、相場把握、決済には十分。
以前はサーバ不安定だったけど、最近はしっかりした模様。


外為ジャパン

i-phone、i-pad、android対応
主要通貨スプ
原則固定
USD/JPY 0.2pips
EUR/USD 0.6pips
EUR/JPY 0.7pips
GBP/JPY 1.2pips

業界最狭水準のスプレッドを誇る外為ジャパン(元Mj)…android用ツールはチャートは残念ですが機能的にはグッド。
主要通貨のスプレッドは結構狭くていい感じだけど、リアルトレードしたら解る微妙なスリッページが気になるが許容範囲内。


■MT4採用オススメ業者■
FXDD マルタ口座
FXDD 口座開設
日本語・円口座対応の海外口座
EA(自動売買)やプロトレーダーのコピートレードなんかもできるFXcurrenseeっていうのもある。海外なんでレバレッジ規制もなく余裕のレバ200倍www


FOREX.com【FOREXTrader】

主要通貨スプ
USD/JPY 1.3pips
EUR/USD 2.0pips
EUR/JPY 2.5pips
GBP/JPY 2.0pips

1000通貨から始められる唯一のMT4プラットフォーム採用の国内業者。ゴルゴでお馴染み。
EAによる自動売買も可能で、すごい自動売買が身近になった。問題点といえばヒストリカルデータが少なすぎるぐらいか…
リンク
プロフィール

eiki

Author:eiki
所属
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
介ッチャーズ(8さん風)
半端なく間違いなく俺は、絶対目的は達成する!!



ついってます(゚∀゚)
eiking_fx5000をフォローしましょう


いろんな意味でフォローしてw

2007年12月からトレード開始。
思考錯誤しながらも支離滅裂なトレード人生を経て一喜一憂しながら頑張ってます。


理想の生活をするために、年収5000万達成しないといけないという目的を掲げ突っ走ります


メイン取引通貨はGBP/JPY、EUR/USDなう。


俺はもう・・・
恋なんてしないなんていわないよ絶対ー!!

泣く子も黙る、クロス円恐怖症。
こんな私が更新する、恋愛ブログです。

ときどきFX。


eikiってこんなヤツやで。

↓参加ランキング↓
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
熱い応援を゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+



お問い合わせ
相互リンク大歓迎です
ご質問も何なりと
ヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク
★付きブログは強オススメ(゜∀゜)!!
eikiオススメ記事
連載企画
3年間のトレードの集大成を第4回の記事にした。知識から理解への糧として誰でもわかるよう説明した。つもり。
3年の時を経て・・・今
[連載 序章w]
[連載 予告]定義
[連載第1弾]取引概念
[連載第2弾]崇拝理論
[連載第3弾]指標主義
[連載第4弾]諸行無常

アツい想い
eikiにはこういう苦節があった。けど、こういう過程を乗り越えてこそ掴める何かがあると信じて決して諦めることなく現在にいたる。
時間からくる焦り
6/12FXトレード詳細 更新できんぐらい
ヒントはワンピースにあった
無事帰宅!!( ´∀`)
YES,We Can(・∀・)
俺は負けない
笑ってこう、いつでも( ´∀`)
ケジメ。

必ず届く想い
よそ見せずがんばってりゃいつか道は開けます♪
辛い思いしてるうちは勝てません、トレードは楽しくやってなんぼ。
相場の流れを感じる!!/性格なおしたいw

旅日記
夜王旅日記ですw暇つぶしにどうぞww
FX夜王旅日記~思いつき編~
FX夜王旅日記~敵は頭の中にいる編~
カテゴリー
リンク
最近のコメント
最近の記事
最新のつぶやき
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。