HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  メインメニュー   »  [連載企画]  »  [連載第2弾]崇拝理論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[連載第2弾]崇拝理論

あなたのクリックが現住所(松山なう)のeikiのモチベーション
人気ブログランキングへ
(そんなチェリーボーイにもう一票)
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ





2大理論からくる自分の思考



崇拝理論

 何も無い「無」から約140億年前に「宇宙」が生まれたと言われている

 何も無いところから何かを産み出すというのはとてつもないエネルギーである

 ってか無理・・・


 しかし相場の世界には、幸せなことに先人が築き上げた理論が既に存在する








「なになに理論??ああ、玉ねぎと一緒に炒めるのか(´・ω・`)?」





自分は常にトレードするとき頭の中にあって、すべての行動はこの2つの理論に基づいて行っています




それは、

ダウ理論と、フラクタル理論であーる








まぁ皆さん知ってるとは思いますが・・・



自分としては、この理論のヤバさに気づいたのは2年前のちょうどホンマ今頃でした


もちろん、この2つの理論自体は前々から「知って」はいました

けど、「理解」はしていなかったんですね





その頃は、仕事も今みたいに忙しいものではなかったので帰宅してからは毎日毎日狂ったように

チャートとにらめっこしていた時期でした





地道な検証と、師匠の助言もありその2大理論の本質をつかみました!




当時の記事です






まぁ2年前の記事なんで読んでたらアホにしか見えないんですが・・・

つまりくっそ簡単に言うたらそういうことなんですね





まあでも、この機会にしっかり定義してみます

この2つの理論を突き止めることによって、相場の本質はある程度!つかむことができます









「ダウ理論てなに?てか眠いねんけど(・∀・)?」





まず相場の基本中の基本中の基本、ダウ理論です



まぁ表沙汰な説明はハショリますんで、ググってくださいw

僕が意識しているところをクローズアップしてみます




まず、トレンドの定義からなんですが


相場ってのは基本的に同じことを繰り返すサイクルの中で、

一定の方向性も持った大きな流れを構築するときがあります


それがトレンドです




トレンド=傾向

by google翻訳!


傾向=物事の状態・性質などが全体としてある方向に向かうこと。かたより。

by yahoo!辞書!


そんなところですトレンド




トレードスタイルとして、トレンドフォロー型というのはそのトレンド方向に乗っかって

利益をあげるというカタチですね

自分的には、一番理にかなったトレードスタイルだと思ってます





じゃあ、そのトレンドの判断基準ってなによ?ってことなんですが

ま、そんなもん一発で分かるんなら相場成り立ちませんよねw





それらを分かりやすく捉えるために、例えば補助的な役割としてインジケータが存在します


けど、ここであえて触れました補助的なってとこ


つまり、そのトレンドの判断にしてもインジケータに頼りすぎると良くないわけです



車のエアバッグもそうです

あれはSRSエアバッグと呼ばれ、

SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)


つまり、シートベルトあってこその安全装置です

エアバッグだけでは機能しませんよということです


まぁ僕の友だちJは絶望的な事故でエアバッグのみで奇跡的に助かりましたがw(余談)






基本的にはインジケータもそうです

単体では少々キツイんです



しかし、トレードを始めてインジケータに目覚め始めてくるとどういても偏りがちになります


イエス、僕もなりました


インジケータに意識が傾いてくるに連れて、値動き自体(プライス)を無視し始めます


そうなると、オシレータ系だけではトレンドがつかめないし、わけがわからなくなって

インジケータの設定数値をいじり倒し始めますwww


それでもダメならインジケータ自体をドンドン換えていきます





だから、あくまでインジケータは値動きに対しての補助的な役割で留めておく必要があります


やはり一番大事なのは値動きです、マーケットプライスです



そこでプライスを見ながら、トレンドの判断基準として登場するのがそのダウなんです


そのダウの判断をするために補助的にインジケータを使ったりすると分かりやすくなります







基本的にダウ理論としては、


底値を切り上げつつ、なおかつ高値を更新し続ける限り上昇トレンドが継続


高値を切り下げつつ、なおかつ底値を更新し続ける限り下降トレンドが継続



という定義です






よく「2番底つけた」とか言いますよね

それは下降トレンドの原則である底値を更新し続けるというのが崩れた証拠です

なおかつ同時に、上昇トレンドの底値を切り上げつつの部分をクリアしたことにもなります



このように、上昇トレンドと下降トレンドってケッコー紙一重なんですね

これはグランビルの法則でも通ずるとこがありますので追々・・・







平均足で見たらわかりやすいです

WS000004.jpg



RCIのデフォルト設定を追加してみました

プライスと比較してみると、よくわかります

上げてる時は、底値を切り上げ、高値を更新し、下げてる時は高値を切り下げ、底値を更新している

ことがよくわかります








トレードするとき、ってかエントリーするとき

一番知りたい情報ってなにか?

今現在のこの時間軸レベルではトレンドは発生しているのかいないのか

です



そっから、発生してるんならまだエントリーのチャンスはあるのか

発生していないのならトレンドは発生しそうなのか知る必要があります





で、そのトレンド基準となってくるのが先ほど前述したダウ理論


高値は更新しているのか、底値は切り上げてきているのか


移動平均線とか、MACDとかでトレンドの方向ってのはある程度わかりますが、

実際トレードする上で、それらのみに判断を委ねるのは危険かと思います・・・




だってレンジ相場だからってMAもMACDも水平とは限りませんからね・・・・


MAも傾いてて、なおかつ同方向へダウを構築しているのであれば期待できます





つまり、ダウる(ダウを構築する)プライスに、BBのエクスパンションやバンドウォーク、MAの収束拡散

オシレータの反転などのインジケータによる補助によってトレンドをある程度!見抜くことができる


っちゅーことです!









しかーし(・∀・)!




「じゃあ、ダウだけ見てたらいいのね、オッケーバイバイさよなら~\(^o^)/」



ダウだけで勝てるんなら、勝ってますやんみんな・・・


まあこれで、ある程度!はそのチャート表示した時間軸のトレンドってのは把握できるわけですが

例えば、そのダウを構築し、いい感じでトレンド感を醸し出すチャートが5M足であったとします



じゃあ・・・その時の1H足はどんな感じ?ダウってるの?




そこで今度登場するのがフラクタル理論です





詳しくはこれも、ググったりウィキったりしてみてくださいw


僕が意識しているのは、相場ってか自然界ってのは

大と小、持ちつ持たれつ



ってことです



「成功という文字を顕微鏡で見ると、小さな『失敗』という文字でできていた」


という言葉がありますが、

その文章をフォーマットにしてみると、


「週足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『日足』という相場でできていた」


「さらに日足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『4H足』という相場でできていた」


「さらに4H足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『1H足』という相場でできていた」


「さらに1H足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『15M足』という相場でできていた」


「さらに15M足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『5M足』という相場でできていた」


「終いには5M足という相場を顕微鏡で見ると、小さな『1M足』という相場でできていた!」




となります


同通貨ペアで、同じある一定期間において、別の動きってのはありえません!


同じGBP/JPYの15Mチャートと4Hチャートです

WS000005.jpg




4Hチャートで見てみると、どうしようもないようなレンジ相場にしか見えませんが

15Mで見てみるといくつかチャンスになりそうなポイントもあるのがわかります



けどこれは全くの同じ通貨ペアの同じ値動きであり、なんの相違もありません


つまりここでは、4Hの縮図が15Mであるということです



当たり前のことを、物珍しげに書いてます!





でもこれが当たり前すぎてわかりづらいんです!


大と小、持ちつ持たれつと前述しました


これには、上位足は下位足がつくり、下位足は上位足が導くという意味が込められています


そこに先程の15Mと4Hを当てはめて考えてみますと、


15Mのトレンドの繰り返しが4Hの流れをつくり、4Hの流れが15Mトレンドを導いていくと・・・




この関係が分かってくると、自然とプライスの存在範囲ってのが分かってきます


フラクタルな視点からみたプライスのある程度!の存在範囲です



これはあくまで独自性も持った架空の存在範囲です

けど、このしっかりとした根拠を持った存在範囲を定義することで確固たるルールを身につけることが

できます







「その2つの理論で?じゃあ一体何がわかるの( ゚∀゚)?」



まとめよう!


ダウ=トレンドの認識

フラクタル=各時間軸は持ちつ持たれつ







やっつけでつくった画像を見て欲しい・・・

001.jpg



名付けるのがめんどくさかったのでエリオット波動の波で例えると、

1波~5波が上昇トレンドとします、


底値を切り上げつつ高値を更新してます、つまりダウってます

これが15M足で形成されたとします




そのとき4H足は??


1、3、5波とは限りませんし、そうだとしても転換点がすぐ来るかもしれません

さらには、

b波かもしれませんし、2、4波の中の小さなb波かもしれません




同じようなダウを15M足で構築したとしても、4H足の状況次第で全然変わってくるということです


まぁ、ここまでは大きなトレンドの方向へエントリーするという意味ですから

誰でも意識はしているはず





でここで更に突き詰めていくと、

じゃあその15M足がダウを構築したときの4H足も、ちょうど上昇トレンドの3波だったとしよう


そしたら、その時4H足でも15M足と同じようにエントリーできる状態かどうか?


つまり、週足ぐらいのレベルでも揃ってるのかどうか?である




そうか否かで、4H足の見せる色は変わってくるんです

4H足でも上昇トレンドなのか、はたまたただの上げ波のひとつなのか

これは、各時間軸でほぼ同じインジケータ設定にすることでわかりやすくなります




これがフラクタル的な視点からの見方です





そこの真意が分かってくると、プライスの存在範囲が分かってくるんです



トレードしていると、

「この調子でいくと、○○足の時間軸でのトレンドが成り立たない」とか、


「ここを下抜けたとしても、この〇〇足の時間軸では上昇トレンドだから戻りが激しそう」とか



そういった様々な理論の中での独自性を持った架空の存在すべき領域ってのがある程度!わかってきます




存在範囲が分かると、「こっちは追いかけちゃダメ!」ってのが自分の中でできあがりますんで

追いかける方向は1つしかありません



ですので、エントリーするときは、タイミングを見計らって行くか、待つかのみです


たまにその「行ってはいけない領域」にプライスが挟まれることもあります

そういうときはだいたいトライアングルやボックス相場を形成します




そうやって相場の矛盾を創り上げるんです!

そうするだけで、ムダなトレードは格段に減りますし、ダマシにも矛盾が発生すれば引っかからなくなります








ただこれも、フラクタル性を比較する上で、時間軸の期間が近すぎると薄くなってしまいますので

5M足の場合は1H足、15M足の場合は4H足のように、だいたい12~16倍ぐらいの時間軸と比べると

わかりやすいかもしれません





それに、あくまで相場ってのはトレンドってのは似たようなことを繰り返しはしますが、

その瞬間自体は唯一無二のものですのでまったく同じな瞬間ってのは現実的にありえません



ですので、文中では「ある程度!」っていう言葉を多く使っていたと思います

この言葉も、それが理由であり、なおかつマーケットの性質上全てを把握することは不可能ですので

ある程度でいいと思ってます








これが僕の考え方のベースです


「勝つトレード」より、「負けないトレード」という考え方を師匠から教わった結果産まれた物です



この2大理論から自分独自の相場観を作り上げ、今この瞬間のこの相場はこうあるべき!みたいな持論

を持って臨むことで、当てはまらない場合エントリーする気になりません


こうすることで難しい自己規制をすることもできます

損切りができねえって人は単純に自分に甘いだけなんですよ、自己規制がヘタなんです



まぁ僕は損切りしすぎて俗にいう損切り貧乏でしたけどwww


ちゃんとした自分に合った考え方を持って臨めば損切りできないなんてことはないと思います




そして、その独自の考え方のベースの上でトレードが成り立ってるわけですが・・・


じゃあ実際にそれらを踏まえた上でエントリーをして、決済をするためには?



それにはやっぱりインジケータも必要になってきますね♪








それを、次回はその実践編の第3弾「指標主義」にて・・・







乞うご期待!!








[連載 予告]定義
[連載第1弾]取引概念
■[連載第2弾]崇拝理論
[連載第3弾]指標主義
[連載第4弾]諸行無常


twitter参加中なう
eiking_fx5000をフォローしましょう←気軽にフォローおk(・ω・)ノ




~編集後記~


第2弾が完成!!

最後まで読んでくれてありがとう!



日本人なのに、日本語がヘタなのでしょーがないんですが

自分の中で文章化するにつれてかなりの部分が整理されていってます



更に、新しい発見なんかもあり、これらはオモロいくらい想定通りでした





次の第3弾では、具体的なトレードスタイルを書いていこうと思います

まぁこれが一番書くのめんどいねんけど・・・





がむばりマッシュ\(^o^)/




ランキングにクリックしていただけると更新の励みになります
楽しんで頂けましたら、応援クリックヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…
人気ブログランキングへ
あ、こっちもな┌|∵|┘
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ


eikiは必ず、目標である年収5000万を達成します!必ず!


私が、試行錯誤して年収5000万を達成するこの過程が
皆さんの役に立てれば幸いです。



スポンサーサイト
Comment
No title
どうも、ナイスミドルと申します。
ブログ拝見させていただきました。

私は、FX取引のトレードをしながら、
自分の世界を広げようとブログを書いております。
良かったら、是非とも遊びに来てください。
人生の苦と楽の縮図がご覧になれますよ。

http://ameblo.jp/life07300105/
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
次世代オススメFX業者
■スマホ対応オススメ業者■
クリック証券(FXネオ)

i-phone、android対応
主要通貨スプ
原則固定
USD/JPY 0.3pips
EUR/USD 0.6pips
EUR/JPY 0.7pips
GBP/JPY 1.2pips

android用ツールFXroidは現状最強。MACDとストキャス同時表示可。多重表示まではできないけどその時その時の各時間軸の流れは十分把握できる。まぁエントリーするのはやっぱPCじゃないと怖いけど、相場把握、決済には十分。
以前はサーバ不安定だったけど、最近はしっかりした模様。


外為ジャパン

i-phone、i-pad、android対応
主要通貨スプ
原則固定
USD/JPY 0.2pips
EUR/USD 0.6pips
EUR/JPY 0.7pips
GBP/JPY 1.2pips

業界最狭水準のスプレッドを誇る外為ジャパン(元Mj)…android用ツールはチャートは残念ですが機能的にはグッド。
主要通貨のスプレッドは結構狭くていい感じだけど、リアルトレードしたら解る微妙なスリッページが気になるが許容範囲内。


■MT4採用オススメ業者■
FXDD マルタ口座
FXDD 口座開設
日本語・円口座対応の海外口座
EA(自動売買)やプロトレーダーのコピートレードなんかもできるFXcurrenseeっていうのもある。海外なんでレバレッジ規制もなく余裕のレバ200倍www


FOREX.com【FOREXTrader】

主要通貨スプ
USD/JPY 1.3pips
EUR/USD 2.0pips
EUR/JPY 2.5pips
GBP/JPY 2.0pips

1000通貨から始められる唯一のMT4プラットフォーム採用の国内業者。ゴルゴでお馴染み。
EAによる自動売買も可能で、すごい自動売買が身近になった。問題点といえばヒストリカルデータが少なすぎるぐらいか…
リンク
プロフィール

eiki

Author:eiki
所属
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
介ッチャーズ(8さん風)
半端なく間違いなく俺は、絶対目的は達成する!!



ついってます(゚∀゚)
eiking_fx5000をフォローしましょう


いろんな意味でフォローしてw

2007年12月からトレード開始。
思考錯誤しながらも支離滅裂なトレード人生を経て一喜一憂しながら頑張ってます。


理想の生活をするために、年収5000万達成しないといけないという目的を掲げ突っ走ります


メイン取引通貨はGBP/JPY、EUR/USDなう。


俺はもう・・・
恋なんてしないなんていわないよ絶対ー!!

泣く子も黙る、クロス円恐怖症。
こんな私が更新する、恋愛ブログです。

ときどきFX。


eikiってこんなヤツやで。

↓参加ランキング↓
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
熱い応援を゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+



お問い合わせ
相互リンク大歓迎です
ご質問も何なりと
ヽ( ゜ 3゜)ノコイヨ…

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク
★付きブログは強オススメ(゜∀゜)!!
eikiオススメ記事
連載企画
3年間のトレードの集大成を第4回の記事にした。知識から理解への糧として誰でもわかるよう説明した。つもり。
3年の時を経て・・・今
[連載 序章w]
[連載 予告]定義
[連載第1弾]取引概念
[連載第2弾]崇拝理論
[連載第3弾]指標主義
[連載第4弾]諸行無常

アツい想い
eikiにはこういう苦節があった。けど、こういう過程を乗り越えてこそ掴める何かがあると信じて決して諦めることなく現在にいたる。
時間からくる焦り
6/12FXトレード詳細 更新できんぐらい
ヒントはワンピースにあった
無事帰宅!!( ´∀`)
YES,We Can(・∀・)
俺は負けない
笑ってこう、いつでも( ´∀`)
ケジメ。

必ず届く想い
よそ見せずがんばってりゃいつか道は開けます♪
辛い思いしてるうちは勝てません、トレードは楽しくやってなんぼ。
相場の流れを感じる!!/性格なおしたいw

旅日記
夜王旅日記ですw暇つぶしにどうぞww
FX夜王旅日記~思いつき編~
FX夜王旅日記~敵は頭の中にいる編~
カテゴリー
リンク
最近のコメント
最近の記事
最新のつぶやき
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。